荘内大祭

映画「たそがれ清兵衛」や「蟬しぐれ」の舞台、藤沢周平の小説に登場する「海坂藩」のモデルとして知られる庄内藩。鶴岡市は、江戸時代240年のあいだ、徳川家譜代大名の酒井家がおさめる庄内藩14万石の城下町でした。

荘内神社が創建された明治10年に、旧藩主を慕う市民の手でかつての大名行列が再現され、天下人秀吉より賜った金びょうたん槍を先頭に、奴振り、鎧武者の甲冑列など総勢約400名からなる「荘内藩伝承大名行列」が、城下町・鶴岡に歴史絵巻を繰り広げます。

●8月14日 宵祭
徳川信康公慰霊祭(下山王日枝神社/午後2時~)
歴代藩主墓前祭(大督寺・酒井家御廟所/午後3時~)
神幸祭(荘内神社本殿/午後9時~)

●8月15日 本祭 ※行列の出発時間・コースが変更になりました。
触れ太鼓・伝統行事奉納など(鶴岡公園 北広場/午後3時~)
荘内藩伝承大名行列出発(鶴岡公園 北広場から/午後4時30分~)
にぎわい広場・ビアガーデン (川端通り/午後5時頃~)
灯篭流し (内川/午後8時頃~) 縁日夜店 (荘内神社表参道/終日)

【交通のご案内】
バス:JR鶴岡駅から湯野浜温泉方面行き10分。市役所前下車。
車:鶴岡ICから10分 (鶴岡公園駐車場をご利用ください。)
【お問い合わせ】 荘内大祭奉行所(荘内神社社務所内) 電話:0235-22-8100

スポット情報