庄内藩校 致道館 (しょうないはんこうちどうかん)

※※6月20日(木)11:00現在 通常開館しております※※

庄内藩の士風の刷新と、優れた人材の育成を目的に、文化2年(1805)酒井家九代目・忠徳公が創設した藩校です。徂徠学を教学とし、自主性を重んじた教育方針で、各自の天性に応じ長所を伸ばすことに主眼がおかれ、質実剛健な教育文化の風土を育む土壌となりました。現在は、表御門、聖廟、講堂、御入間などが残っており、国指定史跡として一般に公開され、たくさんの人が訪れています。この藩校建築は、現存するものとしては東北地方唯一のもので、歴史的、文化的にも価値が高いものとして知られています。

●バス案内
【庄内交通ホームページでご確認ください。】
庄内交通ホームページ

●致道館のライトアップについてはこちら!

スポット情報

致道館

致道館