大宝館 (たいほうかん)

大正天皇の即位を記念して大正4年(1915)に建てられた、赤いドームと白壁が特徴の洋風建築物。開館当初は物産陳列場、戦後は市立図書館として利用され、現在は、明治の文豪・高山樗牛や日本のダ・ヴィンチといわれた松森胤保など、鶴岡が生んだ先人たちの偉業を讃える資料を展示しています。

●大宝館展示人物紹介(過去に紹介されていた人物含む)
PDFをご覧ください

●バス案内
【庄内交通ホームページでご確認ください。】   庄内交通ホームページ

スポット情報

大宝館

大宝館