鶴岡市立藤沢周平記念館 つるおかしりつふじさわしゅうへいきねんかん

鶴岡市出身の時代小説家、藤沢周平の作品を深く味わう拠点。館内には数多くの作品を執筆した自宅書斎を移築・再現。自筆原稿や創作資料などを展示し、藤沢周平の作品世界と生涯を紹介します。著作本や関連する郷土資料を読むことができるサロンでは、貴重なインタビュー映像などを視聴することもできます。

●鶴岡市立藤沢周平記念館までのバス案内
【庄内交通ホームページでご確認ください。】
庄内交通路線一覧
庄内交通ホームページトップページ
 
※臨時休館のお知らせ
臨時休館日:2024年6月18日(火)~6月21日(金)4日間
 
*展示情報*
藤沢周平記念館 第21回企画展〈「獄医立花登手控え」の世界〉

藤沢周平記念館では第21回企画展〈「獄医立花登手控え」の世界〉を開催しています。
「獄医立花登手控え」シリーズには、江戸小伝馬町の牢医者を勤める青年立花登が、牢獄を中心に巻き起こる事件を解決していくうちに、様々な人と関わり成長していく姿が描かれています。
本企画展では、舞台となる小伝馬町牢屋敷の解説などとともに藤沢周平の自筆原稿や創作メモを展示し、作品の魅力を紹介しています。ぜひご来館ください。

期間:2024年9月24日(火)まで
入館料:大人320円、高校生・大学生200円、中学生以下無料
休館日:水曜日(8月7日は開館)、6月18日(火)~21日(金)
鶴岡市立藤沢周平記念館公式サイト

スポット情報

藤沢周平記念館

書斎写真 写真提供 鶴岡市立藤沢周平記念館 

内部