羽黒山 五重塔 (国宝) はぐろさん ごじゅうのとう

羽黒山参道、“一の坂”上り口の杉並木の中にある。東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられる。現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれる。高さが29.0mの三間五層杮葺素木造で、昭和41年には国宝に指定された。近くには樹齢1000年、樹の周囲10mの巨杉“爺杉”がある。

●移動所要時間
・随神門から 徒歩10分
・山頂から 徒歩約30~40分

——————————

【国宝羽黒山五重塔ライトアップ】
開催日:令和4年7月16日(土)~10月16日(日)期間中、指定日の35日間
【7月・8月】18:30~21:00(受付終了20:30)
【9月・10月】18:00~20:30(受付終了20:00)
※悪天候の場合は中止する場合があります。
詳細は、羽黒町観光協会-令和4年度「国宝五重塔ライトアップ」開催のお知らせ

——————————

【杮葺き屋根改修工事のお知らせ】
令和5年(2023年)~令和7年(2025年)春にかけて、杮葺屋根の修繕工事が行われるため、約2年ほど五重塔が幕に覆われます。
この修繕事業を記念して、令和4年度は随神門授与所において5のつく日限定の五重塔御朱印が頒布されています。

出羽三山神社-5のつく日限定五重塔朱印について お知らせ
羽黒町観光協会-【国宝羽黒山五重塔】杮葺き屋根改修工事のお知らせ

スポット情報

国宝羽黒山五重塔ライトアップ