馬場町のタブの木 (ばばちょうのタブの木)

樹齢約400年。根回り約5m、高さ約15m。酒井藩の家老、服部瀬兵衛の屋敷のあったところにあり、酒井藩が飛島見地の際に、持ち帰った苗木が植栽された、また、酒井家の入部の際に持ち込まれた、などの言い伝えがある。県指定文化財天然記念物。

●バス案内
【庄内交通ホームページでご確認ください。】
庄内交通ホームページ
 

スポット情報