庄内の精進料理と4つの温泉

開山千四百年の月山(過去)・羽黒山(現在)・湯殿山(未来)を巡る「生まれかわりの旅」
江戸時代、参拝者は山菜の「精進料理」を食べ入山し、下山後は三山ゆかりの温泉につかり俗世に戻り、海の幸で今を楽しむ「精進落とし」の流儀で「出羽三山詣」が流行していたそうです。
詣でる つかる 頂きますは、遠くの神さま仏さまに出逢い、大地の恵みに感謝して、頂く、鶴岡市の旅の楽しみ方を提案しています。【詣でる つかる 頂き〼】【観光ハイヤーで羽黒山の昇殿参拝と精進料理を楽しむ】【精進料理を頂きます!出羽三山・羽黒山齋館

スポット情報