ニュース

バックナンバーを絞り込む

月山

月山は日本百名山のひとつ、出羽三山の主峰「月山」は標高1984mで、山形県のほぼ真ん中にそびえ立っています。磐梯朝日園立公園の北域にあたり、ブナの原生林や珍しい動植物など美しい大自然が残っています。
 
【開山日について】
●月山神社神社本宮
開山期間:2024年7月1日(月)~9月15日(日)
●月山中の宮
開山期間:2024年7月1日(月)~9月23日(月)
 
●月山までのバス案内(期間運行)庄内交通 TEL:0235-24-5333
【鶴岡駅前~羽黒経由 羽黒山頂・月山八合目行き】

◎登山所要時間 月山八合目~山頂 約2時間30分
※山の天気は変わりやすいので、登山をされる際はしっかりとした装備をご準備ください。
 登山に無理は厳禁です。時間に余裕を持ち、場合によっては戻る勇気も大切です。
 
県道 月山公園線の詳細につきましては、下記までお願いいたします。
山形県庄内総合支庁建設部 道路計画課 TEL:0235-66-5618
山形県の通行規制情報
*例年10月下旬~翌年6月下旬まで冬季閉鎖
 
*月山8合目駐車場は約170台で満車となり、満車の場合、2合目から8合目まで2時間以上の待ち時間が発生します。月山公園線の途中にトイレはございません。また、道が狭いため、車の引き返しやすれ違いが困難です。
(バス専用レーンがありますが、一般車両は駐車できません。)
 
≪月山公園線混雑緩和のために皆様へおねがい≫
・平日の来訪もご検討ください。
・可能な限り公共交通機関をご利用ください。
・車は乗り合わせをお願いいたします。
月山公園線の混雑緩和にご協力ください。
羽黒町観光協会-月山登山をする方へ
2024年月山混雑予想カレンダー(PDF)

湯殿山神社本宮

「語るなかれ」「聞くなかれ」修験道の霊地・湯殿山は、標高1500m、月山南西山腹に連なる なだらかな稜線の山。出羽三山の奥宮とされる湯殿山神社本宮は、写真撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られる神社。多くの参拝客で賑わいます。
 
【仙人沢駐車場からの参拝バスのお問合せ先】
湯殿山神社 参拝バス(電話0235-54-6730)
【庄内交通有料道路/参拝バスご案内】
 
【開山日について】 
●湯殿山神社本宮
開山期間:2024年6月1日(土)~11月3日(日)午前中まで

つるおか三寺社祈りプロジェクト 龍に会いに行く ~重ね印めぐり~

「つるおか三寺社祈りプロジェクト」
龍に会いに行く ~重ね印めぐり~(2024年5月4日開始)

2024年辰年。善寶寺住職揮毫の「龍」の字を出羽三山神社では「緑」、善寶寺では「青」、荘内神社では「桃」の印として、参拝の印である御朱印に重ねて押していただけます。三寺社の龍を探しに巡ってみてはいかがでしょうか。

【詳細】
期間:2024年5月4日(土)辰の日~11月30日(土)
受付時間
・出羽三山神社(本殿授与所)8:30~16:30
・善寳寺(売店)9:00~15:30
・荘内神社(授与所)8:30~17:00
※ご参拝の皆様より、お好きなところに押していただくセルフ方式となります。
 三寺社のいずれかで御朱印をいただいた際にご自身で好きな位置へ押印ください。

三寺社にまつわる龍神さまエピソード特集 ≫ 2024年 辰年 龍神さまにまつわるお話

 
 
<終了しました>「つるおか三寺社祈りプロジェクト」第3弾
五感に響く~月山和紙香る御朱印~(2022年4月1日開始)

出羽三山神社・善寳寺・荘内神社による「つるおか三寺社祈りプロジェクト」では、「五感に響く~月山和紙香る御朱印~」を頒布します。アロマで香る御朱印は、1社ごとにオリジナルな香りが楽しめるだけでなく、3社めぐって香りを重ねると、心も体も癒され、祈りに包まれる効果が期待できます。パワースポットとしても名高い3寺社を参拝し、香りの御朱印めぐりをお楽しみください。「癒しと祈りの”香る御朱印”めぐり」モデルコースを見る。
緑色/出羽三山神社【杉】、紫色/善寳寺【龍神様の衣】、桃色/荘内神社【城址の桜】をイメージ。全て手漉きのため、同じものが1つとない、世界に一つだけの御朱印紙を使用しています。

◎香りのストーリー
アロマセラピスト yuri(小村有里子)さんに香りのストーリーを作っていただき、それぞれの寺社の香りと、三寺社が一つになった香りを調合いただきました。

詳しい案内は三寺社祈りプロジェクトのページからご確認ください。

【詳細】
期間:2022年4月1日より頒布開始(郵送不可)~12月下旬まで頒布予定(月山和紙がなくなり次第終了)
初穂料:2,000円
頒布場所:出羽三山神社・善寳寺・荘内神社、各寺社で頒布
お問い合わせ:つるおか三寺社祈りプロジェクト事務局
荘内神社 電話 0235-22-8100(9時から17時まで)
郵送対応は行っておりません。
 
 
【荘内神社・出羽三山神社・善寳寺へ初詣にお出かけの皆様へ】
ライブカメラにて、三寺社それぞれの混雑状況をご確認いただけます。

出羽三山神社ライブカメラ

荘内神社ライブカメラ 

善寳寺ライブカメラ
 
 
<終了しました>「つるおか三寺社祈りプロジェクト」第2弾
出羽三山丑歳御縁年 三寺社特別御朱印頒布(2021年3月3日開始)

出羽三山神社・善寳寺・荘内神社による「つるおか三寺社祈りプロジェクト」では、「疫病鎮静祈願 祈りのリレー」・「三寺社特別御朱印 郵送頒布」
、「初詣合同対策」を行い、ご参拝の皆様を始め、コロナ禍でご参拝頂けない方々にも発信を続けて参りました。
第2弾の御朱印は、出羽三山丑歳御縁年に合わせて、鶴岡の寺社を巡って頂く「三寺社特別御朱印」。お持ちの御朱印帳三面に各寺社の丑歳にちなんだ御朱印を直接書かせていただきます。

<三寺社特別御朱印の頒布は令和2年9月末にて終了いたしました>
お日にちの入っていない三寺社特別御朱印をお持ちのみなさま
この疫病が鎮静し、鶴岡へお越しいただけた際には特別御朱印を持ち、ぜひ三寺社をご参拝くださいませ。ご参拝のお日にちと、重ね印をお入れしております。
 
 
<終了しました>「つるおか三寺社祈りプロジェクト」第1弾(2020年6月16日開始)
新型コロナウイルス感染症拡大に伴い日本のみならず全世界が不安な日々を過ごしております。その中で皆様に祈りの心と癒しを発信したいという思いから出羽三山神社・善寳寺・荘内神社が宗教の垣根を越えて「つるおか三寺社祈りプロジェクト」を立ち上げました。6月16日疫病鎮静祈願祈りのリレー、善寳寺、荘内神社、出羽三山神社 それぞれで祈りを繋いで参りました。

また、疫病鎮静祈願のお印として、三寺社特別ご朱印を奉製いたしました。全国で初めて、一つの御朱印に三寺社の印が押されています。鶴岡の地にいつか訪れた際に、この御朱印を持って三寺社を巡って頂きたいその思いから奉製しております。この疫病が鎮静し、ご参拝頂けることを心よりお待ち申し上げております。
三寺社特別御朱印 お申込みフォーム

「つるおか三寺社祈りプロジェクト」事務局
荘内神社権禰宜 石原 和香子
電話:0235-22-8100
共催:DEGAM鶴岡ツーリズムビューロー

龍王尊 善寳寺

この寺は、海の守護神・龍神の寺として全国的に知られており、四季を問わず多くの参拝者が訪れます。境内には五重塔などの貴重な建築物が数多くあり、裏手には、二龍神の棲み家と伝えられる貝喰の池。深い緑の中に神秘的な雰囲気を漂わせています。平成の時代に話題になった「人面魚」は現在もこの池を泳いでいます。
 
*令和6年(2024年)辰年御縁年*

令和6年(2024年)辰年御縁年チラシ
令和6年(2024年)辰年御縁年 企画概要

 

【手ぬぐいスタンプ帳】をお供に庄内を巡ろう

2024年 山形県春の観光キャンペーン 心ほどけるやまがた を記念して【新スタンプ】登場!

【手ぬぐいスタンプ帳】
鶴岡のお土産に御朱印帳型の「手ぬぐいスタンプ帳」はいかがですか。庄内を周遊観光しながら、観光施設にあるオリジナルのスタンプを押して、自分だけのオリジナル手ぬぐいを完成させましょう。赤い糸をすぅ—っと引き抜くと、1枚の手ぬぐいになります。
お土産にしても良し◎ 温泉手ぬぐいにしても良し◎ スタンプのインクは油性なので、お湯につけてもOK♪
 
オリジナルのお土産づくり★手ぬぐいスタンプ帳の楽しみ方
【その壱】まずは観光を始める前に、最寄りの販売箇所で手ぬぐいスタンプ帳をゲットしましょう。
鶴岡市観光案内所(JR鶴岡駅前FOODEVER内)
龍澤山 善寳寺
庄内観光物産館 ふるさと本舗
出羽三山神社参集殿
松ヶ岡開墾場 Kibisoショップ
荘内神社
致道博物館
湯殿山レストハウス
足湯カフェ・チットモッシェ
湯野浜・あつみ・湯田川・由良温泉の一部の宿泊施設
産直あぐり
酒田市 山居倉庫(夢の倶楽)
最上川芭蕉ライン舟下り(古口港)
 
ECサイト「かおるつるおか」でも購入できます。
 
【その弐】手ぬぐいスタンプ帳を持っていざ観光へ!
鶴岡・酒田を旅しながら、オリジナルスタンプ設置場所に立ち寄りましょう♪もちろん巡る順番は自由♪ スタンプは全部で15種類
スタンプ設置場所は↓PDFをご確認ください。
 
【その参】スタンプは、手ぬぐいのお好きなようにところにポン!スタンプの数だけ想い出を持ち帰られる、周遊記念のオリジナル手ぬぐいスタンプ帳が完成
 
2024年新スタンプ【さくらんぼ】登場!
スタンプ設置場所:産直あぐり

6月から7月にかけて鶴岡もさくらんぼシーズンを迎えます!
『さくらんぼ狩り』を楽しもう

致道博物館

鶴岡公園の西隣に位置する、庄内藩主酒井家の御用屋敷地だった場所に立つ博物館です。国指定重要文化財の旧西田川郡役所や、旧渋谷家住宅(多層民家)、旧鶴岡警察署庁舎など、貴重な歴史的建築物が移築されています。さらに、東北では珍しい書院造の庭園である酒井氏庭園、庄内地方の生活文化を物語る資料を収蔵展示する重要有形民俗文化財収蔵庫など、鶴岡の歴史や文化を知る上で欠かせない場所です。

市街地観光ガイドが鶴岡公園(鶴ヶ岡城址)周辺の見どころを歩いてのご案内もおすすめです。ガイド手配はこちらから「鶴岡市観光ガイド」
  
■致道博物館企画展おしらせ
企画展「国宝展示 大名 酒井家の名宝」
会期:2024年4月27日(土)~6月17日(月)
大名酒井家に伝来の美術品や工芸品、歴史資料が展示。国宝指定の太刀銘信房作・太刀銘真光、重要文化財の短刀銘吉光 名物信濃藤四郎・色々威胴丸・禅院額字「潮音堂」等も展示されます。また、同日2024年4月27日(土)から旧西田川郡役所の常設展示もリニューアルオープン。
 
【致道博物館公式サイト】
国宝展示 大名 酒井家の名宝
「鶴岡名物帳」のご案内
 
●列品解説
 1回目:2024年4月28日(日)《終了》
 2回目:2024年6月8日(土)
●刀匠・上林恒平氏による制作実演
 1回目:2024年4月27日(土)《終了》
 2回目:2024年5月18日(土)《終了》
 3回目:2024年5月19日(日)
●記念講演会「織田信長と酒井忠次」
 日程:2024年6月1日(土)
●鶴岡名物帳2024 Spring(展覧会会期中)

企画展「国宝展示 大名 酒井家の名宝」チラシ表
企画展「国宝展示 大名 酒井家の名宝」チラシ裏

羽黒山

【国宝羽黒山五重塔 杮葺き屋根改修工事のお知らせ】
2023年(令和5年5月上旬頃)~2025年(令和7年)春にかけて、杮葺屋根の修繕工事が行われる予定のため、工事期間中は五重塔が幕に覆われます。
令和6年度工事日程:2024年5月13日(月)~9月30日(月)
※天候や残雪の状況によって工事日程がずれる可能性があります。

*羽黒町観光協会公式サイトにて工事の進捗状況を発信いただいております。
羽黒町観光協会-羽黒山五重塔改修工事の様子(2024年5月22日現在)
 
——————————

※羽黒山山頂の天気や駐車場の混雑状況はこちらから
羽黒山山頂駐車場ライブカメラはこちら

——————————

●出羽三山
出羽三山は、月山、羽黒山、湯殿山の総称で、古くから山岳修験の山として知られています。開山は約1,400年前、第32代崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が三本足の霊烏に導かれ、羽黒山に登拝し、羽黒権現を獲得、山頂に祠を創建したのが始まりとされています。皇子はさらに月山権現と湯殿山権現を感得し、三山の開祖となりました。以後、羽黒派古修験道として全国に広がりました。

●山内石碑
羽黒山に来山した文人墨客を記念して、山内の随所に、高浜虚子の句碑、野口雨情の詩碑等、多くの石碑が建立されています。

●出羽三山の年中行事
月日/行事
1月1日 歳旦祭
5月8日 祈年祭(御田植祭り)
6月1日 湯殿山神社本宮開山祭
7月1日 月山神社本宮開山祭
7月15日 例大祭(花祭り)
8月13日 月山神社本宮柴燈祭
8月14日 月山神社本宮祭
8月15日 湯殿山神社本宮祭
8月26日~9月1日 秋の峰入修行
8月31日 蜂子神社祭(八朔祭)
9月1日 田面祭
9月6日~10日 神子修行
10月15日 三山神社崇敬講社祭
10月24日 天宥社祭
11月23日 新嘗祭
12月31日 松例祭

花祭り(7月15日)
五穀豊穣、家内安全を祈願する祭り。稲の花をかたどった造花の梵天には大きな霊験あるといわれ、御輿とともに鏡池を一周した後に梵天を参拝客が奪い合う様子は圧巻。
 
八朔祭(8月31日)
秋の峰入修行の中で行われる。8月31日夜から始まり、山伏たちが護摩壇に火を放ち、夜空を焦がす勇壮な炎の祭り。多くの山伏の方々を見たい方にはオススメです!
 
松例祭(12月31日)
大晦日から元旦にかけて行われる羽黒山の代表的な祭り。100日間参籠し、精進潔斎した2人の山伏がどちらが神意にかなったかを競い合う験競べが祭りの中心。大晦日昼頃から元旦未明にかけて合祭殿内や鏡池前広場、補屋などで、烏跳び、国分神事など、様々の神事が行われます。
 
↓山伏についての特集記事はこちら↓
「山伏と歩く 生まれかわりの旅 出羽三山」
「出羽三山の山伏が語る!知られざる山伏の秘密」

——————————

冬の季節に羽黒山への観光をご検討中のお客様へ
羽黒町観光協会-【必ずお読みください!】冬の羽黒山観光をお考えの方へ
 

春のインスタフォトコンテスト写真大募集【2024年4月1日~6月30日】

桜のあとは初夏に向けて新緑の季節!
そんな鶴岡や海の山形を感じられる鶴岡の投稿を募集するInstagramでのフォトコンテストを開催中です📷
4月1日から山形県春の観光キャンペーン「心ほどけるやまがた」もはじまります!この期間にあわせて、お写真募集します📷ぜひ、この機会に鶴岡へ訪れてみてくださいね☺(フォトコンテストといいつつ、動画も対象としています◎)

鶴岡アートフォーラム

鶴岡アートフォーラムは、市民が創作した作品などの展示・発表の場でもあり、郷土作家などの作品や現代の多様な芸術の紹介、さらには学習、制作体験なども出来る施設です。年間を通して開催される多様な展覧会の他にも、コンサートや講演会、美術講座なども行われています。
 
*展示情報*
鶴岡ユネスコ食文化創造都市認定10周年記念事業 特別展覧会
「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」

鶴岡アートフォーラム公式

開催期間:2024年4月20日(土)~6月16日(日)
開館時間:9:00~17:30/毎週金・土曜日 9:00~18:30(入場は閉場30分前まで)
観覧料:一般700円、高大生420円、中学生以下無料、障がい者半額、その他団体料金あり
*音声ガイド付きチケット:一般1,000円、高大生720円
休館日:月曜日
*ただし、4月29日(月・祝)と5月6日(月・振休)は開館し、5月7日(火)は休館

【主催】鶴岡市、鶴岡市教育委員会、鶴岡食文化創造都市推進協議会、鶴岡アートフォーラム、朝日新聞社
【後援】農林水産省、文化庁、和食文化学会、和食文化国民会議、山形県、河北新報社、産経新聞、荘内日報社、毎日新聞山形支局、山形新聞・山形放送、読売新聞山形支局、NHK山形放送局、さくらんぼテレビ、テレビユー山形、株式会社山形テレビ、エフエム山形
【協賛】三和酒類
【特別協力】国立科学博物館
【協力】クックパッド

ふるさと納税で鶴岡に泊まろう!

山形県鶴岡市では「ふるさと納税で鶴岡に泊まろう!」を実施しています。1泊2食つきペア宿泊券が含まれる「詣でる つかる 頂きます」宿泊プラン、鶴岡市の旬の特産品と宿泊利用券セット、特別室等の限定客室に宿泊する「食と温泉のこだわり」プランをご用意しています。
 
NEW! ★山形県鶴岡市内共通宿泊券(つる泊券)★
鶴岡市内18箇所(共通券参加)の宿泊施設で使用できる【共通宿泊券】です。山形県鶴岡市には、環境省の国民保養温泉地に指定されている4つの温泉があり、海・山・平野の豊かな食に恵まれています。季節ごとの旬の食材を使ったお料理もぜひご堪能下さい。
寄附を先にして、後からどの宿に泊まるかじっくり考えたい方におすすめです。
使用可能な宿泊施設一覧は「ふるさと納税【山形県鶴岡市内共通宿泊券】(つる泊券)」でご確認いただけます。
【寄付金額】34,000円以上の設定となります。
【寄付申込】各ふるさと納税サイトからお申込みください。
 ■ふるさとチョイス
 ■ANAのふるさと納税
 ■ふるなび
 ■楽天ふるさと納税
 ■JRE MALL
 ■さとふる 等

★「詣でる つかる 頂きます」宿泊プラン★
鶴岡を巡る旅「詣でる つかる 頂きます」1泊2食つきペア宿泊プランと、鶴岡の旅の思い出・お土産になる手ぬぐいスタンプ帳(2枚)のセットです。手ぬぐいスタンプ帳を手に寺社仏閣や観光地をめぐったあとは、お宿の温泉であたたまり、のんびりくつろぎたい方におすすめです。
【寄付金額】10万円以上の設定となります。
【寄付申込】各ふるさと納税サイトからお申込みください。
 ■ふるさとチョイス
 ■ANAのふるさと納税
 ■ふるなび
 ■楽天ふるさと納税
 ■さとふる 等

★旬の特産品×宿泊利用券★
鶴岡の旬の特産品宿泊利用券のセットです。鶴岡市内の生産者と宿泊事業者にご協力いただきました。“お家”で鶴岡の特産品を味わっていただき、実際に“鶴岡”に来て楽しんでいただくこともできます。「鶴岡に行きたいけど、今すぐには行けない」という方にもおすすめです。
【寄附金額】5万円以上の設定となります。
【寄付申込】各ふるさと納税サイトからお申込みください。
 ■ふるさとチョイス
 ■ふるなび
 ■楽天ふるさと納税
 ■JRE MALL 等

★「食と温泉のこだわり」ハイグレードのペア宿泊券★
鶴岡市内の宿泊施設の中でも、特別室などの限定客室に宿泊し、「食と温泉のこだわり」をお楽しみいただくハイグレードのプラン。組数限定の1泊2食付ペア宿泊券です。鶴岡を贅沢に味わいたい方におすすめです。
【寄附金額】30万円または50万円の設定 ※ペア5組又はペア10組の限定プランとなります
【寄付申込】各ふるさと納税サイトからお申込みください。
 ■ふるさとチョイス
 ■ANAのふるさと納税
 ■ふるなび
 ■楽天ふるさと納税
 ■さとふる 等

ピノ・コッリーナ・ファームガーデン&ワイナリー松ヶ岡

松ヶ岡開墾場からすぐの場所に位置する、レストランやショップも併設するワイナリー。
旧庄内藩士3,000人によって開墾された唯一無二の特別な場所、松ヶ岡で栽培した葡萄で松ヶ岡産「日本ワイン」を醸造。葡萄の繊細な個性を生かすために「ヴァン・ナチュール製法」にこだわり、生産地を感じられるワインを目指してつくられており、2021年には「Japan Women’s Wine Awards 2022」の最高賞である「ダブルゴールド賞」を受賞しています。
レストランでは、出羽三山のひとつ月山を背景に目の前に広がる葡萄畑を見渡しながら、解放感抜群のロケーションでお食事をお楽しみいただけます。