庄内地方と呼ばれる山形県鶴岡市は、日本の中でも四季の変化がもっとも豊かに感じられる自然環境に恵まれています。山菜やきのこなどの山の幸、米、たけのこ、枝豆などの里の幸、サクラマスや寒鱈などの海の幸など、四季折々の豊かな食材に恵まれ、一年を通して、旬の味をふんだんに活かした多様な食文化を楽しむことができます。

鶴岡市の食文化は、数百年にわたり大切に受け継がれ、平成26年(2014)12月に「ユネスコ食文化創造都市」に認定されました。農家の人々が数百年にわたり「種」を守り継いできた「在来作物」は60種類以上確認されており、その栽培方法とともに継承された作物は「生きた文化財」として、訪れる人々を魅了しています。

旅館ホテル、市内の飲食店で、季節ごとの食を味わってみてください。

鶴岡をいただきます!特集

春のグルメ
夏のグルメ
秋のグルメ
冬のグルメ