ニュース

バックナンバーを絞り込む

第9回 あつみ温泉 摩耶山新酒まつり【2020年3月7日】

日時:2020年3月7日 午後3時 – 6時
場所:あつみ温泉朝市広場
前売り券(抽選券付)1200円(当日券1500円)

摩耶山新酒まつりが開催されます。
しぼりたて原酒、にごり酒、本醸造(熱燗)、摩耶山をベースにしたカクテルが飲み放題!

問い合わせ:TEL 0235-43-3547
(あつみ観光協会)

詳しくはこちらからどうぞ
鶴岡市HP

あつみ観光協会

鶴岡冬まつり

雪の鶴岡での思い出からメロディーを発想したという名曲「雪の降る街を」にちなんだ「鶴岡音楽祭」をはじめ、冬の庄内浜きっての郷土料理 寒鱈汁を味わう「日本海寒鱈まつり」、寒仕込みのしぼりたての新酒が味わえる「大山新酒・酒蔵まつり」などバラエティに富んだイベントの数々開かれます。夜には大宝館などのライトアップも行われ、雰囲気を演出します。
詳しい日程は鶴岡市HP

金峯山雪灯篭祭(金峯山山開き)【毎年2月27日】

毎年2月27日に開催されます。
鶴岡冬まつりの最後を締めくくるのは、『金峯山雪灯篭』

このお祭りは、伝統ある金峯山の山開きに合わせて行われます。雪の参道を多くの男女が手を取り合いながら登り、結ばれたことから、またの名を「えんむすび祭り」といわれています。

ライトアップされ夜空に向かい天高く浮かび上がる大黒様の雪像や、参道に並ぶ大人ほどの背丈の雪灯篭が、神秘的で幽玄な雰囲気を醸し出します。

願い事をこめて明かりを灯せば、よいご縁が舞い込んだり、願い事が叶うかもしれませんよ。

会場ではおもちやあたたかい甘酒なども用意しております。

日時:2020年 2月27日(木曜) 18:00から ※時間は予定
会場:金峯山中の宮
内容:雪灯篭点火式、伝統芸能上演
参加料:500円(小学生以下無料)
問合せ:金峯神社 TEL:0235-23-7863

当日、金峯山のふもとにある黄金コミセン駐車場より、会場の中の宮まで「シャトルバス」を運行します。祭り参加者はシャトルバスをご利用ください。運行時間/午後5時~午後9時30分(予定)

混雑・事故回避のため、午後4時30分より午後10時頃まで、一般車輌は通行止めとなります。係員の指示に従ってくださいね。

鶴岡雛物語 【2020年3月1日~4月5日】

城下町鶴岡で江戸時代より代々受け継がれた雛人形や雛道具を、展示・公開します。雛菓子づくりや各種体験イベントも開催されます。また今年から、令和4年に迎える酒井家入部400年のプロローグとして、鶴岡姫様プロジェクトを開催いたします。致道博物館、龍の湯、丙申堂、旧白幡邸または庄名神社宝物殿へ入場後、その場で「お姫様になりたいです」とお伝え頂ければ、鶴岡雛物語関連施設で「お姫様」と呼んでもらえる姫様缶バッチを先着でプレゼントいたします。一生の思い出に鶴岡でお姫様気分をお楽しみください。詳細は鶴岡市ホームページ

あつみ温泉 湯のまち人形めぐり 【2020年3月1日~31日】

あつみ温泉街の各旅館・商店などでひな人形を展示します。見学は無料です。
期間中は、集めて抽選会に参加できる人形めぐりスタンプラリーや限定メニューがあります。
あつみ観光協会

鼠ヶ関の神輿流し【2020年4月15日】

鼠ヶ関の弁天島にある厳島神社の祭典のクライマックスに、白装束姿の若者が神輿を担いで威勢良く川に入り水を掛け合う勇壮なお祭りです。問い合わせ先 鼠ヶ関自治会0235-44-2112

【手ぬぐいスタンプ帳】をお供に庄内を巡ろう

【手ぬぐいスタンプ帳】
※特定旅行会社 宿泊プラン限定特典、
※鶴岡市観光案内所や一部の観光施設・温泉旅館等での購入可

★オリジナルのお土産づくり★
~手ぬぐいスタンプ帳の楽しみ方~

【その壱】
まずは観光を始める前に、最寄りの引換箇所または、販売箇所で手ぬぐいスタンプ帳をゲット

【その弐】
手ぬぐいスタンプ帳を持っていざ観光へ!
鶴岡・酒田を旅しながら、オリジナルスタンプ設置場所に立ち寄りましょう♪
もちろん巡る順番は自由♪ スタンプは全部で12種類

【その参】
スタンプは、手ぬぐいのお好きなようにところにポン!
スタンプの数だけ想い出を持ち帰られる
周遊記念のオリジナル手ぬぐいスタンプ帳が完成

◎お土産にしても良し◎ ◎温泉手ぬぐいにしても良し◎ 
スタンプ設置個所・手ぬぐい帳販売箇所の詳細はこちら ⇒ 手ぬぐいスタンプ帳

温海さくらマラソン【2020年4月19日】

あつみ温泉を主会場に、海、山、川と豊かな自然に恵まれた温海地域を駆け抜けるマラソン大会です。温海川河畔の桜並木のなか2km、5km、10km、21kmの各コースを走ります。温海さくらマラソン

ふじの花まつり【5月上旬】

【5月3日~5月15日 藤の見頃期間】

日本一のふじの里づくりをめざして、平成4年から開催してきました。約100鉢のふじの盆栽が勢ぞろいし、ふじの甘い香りにつつまれて、ミニコンサートやむかし話語り、呈茶などでお楽しみください。藤島体育館会場周辺には延長400メートルをこえる藤棚もあります。
藤島体育館からは離れますが、藤島歴史公園でもイベントを開催します。こちらには大藤棚があり、期間中ライトアップされます。

鶴岡天神祭(化けものまつり)【毎年5月25日】

学問の神様といわれる菅原道真公を祀る鶴岡天満宮のお祭りで、道真公が九州太宰府に配流された時、道真公を慕う人々が時の権力をはばかり、姿を変え顔を隠して密かに酒を酌み交わし、別れを惜しんだという言い伝えがあります。
老若男女に関係なく、派手な花模様の長襦袢に帯を締め、手ぬぐいと編み笠で顔を隠し、手に杯と徳利を持ち、無言で酒を振舞います。通称「化けものまつり」として呼ばれ、当日は、子供や大人など様々な化けものが、鶴岡市中心部を歩きまわります。化けもの姿で3年間誰にも知られずにお参りができると、念願がかなうといわれています。