あつみ温泉ばら園 あつみおんせんばらえん

【お知らせ】一部入園可能となりました(7月10日時点)
6月18日に発生した山形県沖地震の影響により、あつみ温泉ばら園は入園規制をしておりましたが、
安全にご鑑賞いただける一部分のみ入園可能となりました。
危険な箇所には「立入禁止」のバリケードを設置しておりますので、危険防止のため入らないように
お願いいたします。

なお、ばら園全体の復旧にはしばらくかかる見込みです。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

【概要】
あつみ温泉ばら園には、約90種3,000本のバラが植栽されています。6月から10月まで次々と咲き楽しませてくれます。毎年一番咲きの見頃の6月には、ばら園まつりが行われています。高台に位置し、温泉街を見渡すことができるばら園は最高のビュースポットでもあります。

【歴史】
開園は昭和37年、熊野神社奉納相撲場所に地域の憩いの場としてバラの花を植栽したのがはじまりです。庄内地方唯一のばら園は、広さ2,204平方メートルと規模はさほど大きくはありませんが、丁寧に手入れされた園内は定評があります。特に赤色系の聖火、白色系のマダムサチ、黄色系のピースなどは開園当初から大切に守られてきた品種で、訪れる人を今なお魅了しています。

スポット情報