須賀の滝(すがのたき)

祓川をはさんで流れ落ちる須賀の滝は江戸時代、当時の天宥別当が遠く月山より8kmの水路をひいて作ったもので不動の滝と名づけられていた。水音や白いしぶきは涼感を誘い、ここでカメラを構える人も多い。

スポット情報