松ヶ岡開墾記念館

(まつがおかかいこんきねんかん)
 

明治維新以降、武士たちが刀を鍬に持ち替え、農地を開拓していった歴史を伝える施設。明治8年創建の旧蚕室を記念館として公開。

 

項目 内容
所在地: 鶴岡市羽黒町松ヶ岡29
問い合わせ: 松ヶ岡開墾記念館
電話: 0235-62-3985
※冬期間(12月~2月)は致道博物館へお問い合わせください 0235-22-1199
交通: 鶴岡駅より車で20分
駐車場: 有り
時間: 午前9時30分~午後4時
休み: 月(祝日は開館)と冬季間(12月~2月)
料金:
◆一般450円[350円]、学生350円[250円]、小中学生150円[100円]※[ ]は20名以上の団体料金
◆障がい者料金:一般225円、学生175円、小中学生75円 ※手帳を提示ください。
公式サイト: 公益財団法人 致道博物館
関連ページ: 松ヶ岡開墾場庄内映画村資料館
 
区切り
1階/開墾、農業、蚕糸関係資料を展示。
2階/開墾士の末裔であった田中兄弟が収集した全国の土人形、土鈴など郷土玩具コレクション約25,000点を展示。

※松ヶ岡開墾場内にある庄内農具館、庄内の米作り用具収蔵庫と共に、3館共通入館券でご覧いただけます。
 
最終更新日 2015年 9月 8日