致道博物館

田麦俣の多層民家「旧渋谷家住宅」(国指定重要文化財)

多層民家の写真

湯殿山の麓、庄内と山形地方を結ぶ六十里越街道沿いに集落をなす田麦俣は、11月に降った雪が翌年の5月まで消えないという全国でも有数の豪雪地帯。

江戸時代には、出羽三山参詣のための道者宿をしたり、強力や馬子をつとめて生活していましたが、明治維新後、三山参りの減少など街道集落的な性格が薄れ、田畑を耕し炭焼きなどの山仕事をする傍ら、養蚕を生業とするようになりました。

この地方の代表的な当建物は、そのため創建当初の寄棟造りの破風窓のある妻の部分を切り取り、養蚕場として十分な採光通風の窓(高ハッポウ)としたので、現在のような美しい輪郭と反りをもった「かぶと造り」という独特な外観の民家が出来上がりました。

この民家は、部屋の天井を高くし、高窓を設けるなど雪国らしい手法がみられ、構造は上屋柱と下屋柱からなり、小屋はさす組、軒はせがい造りとなっています。

移築工事中にみつかった文献から、文政5年(1822年)に建てられたものであることがわかっており、内部も昔の暮らしぶりそのままに保存されており、年輩の来館者からは、なつかしいとの声があがることもしばしばだとか。

生活様式の変化により無くなりつつある山村文化を残そうと、昭和40年(1965年)に致道博物館へ移築されました。昭和44年には国の重要文化財に指定されています。映画「蟬しぐれ」のロケも行われました。

 
小耳に鶴岡 いぶり出し作業の写真

冬の風物詩 「多層民家のいぶり出し」

パチッパチパチッ。薄暗い部屋の中に、くべられた薪の燃える音が静かに響き、時の流れが止まる…。 多層民家では、毎年1月10日から囲炉裏(いろり)に火を入れて「いぶり出し作業」が行われます。これは、冬期間に屋根の茅などにひそむ虫を駆除するため行われているもので、詳しい日時等はお問合せください(問合せ先:0235-53-2111)
 
 
関連リンク

多層民家「旧遠藤家住宅」

旧西田川郡役所/旧鶴岡警察署庁舎庄内藩主御隠殿酒井氏庭園
重要有形民俗文化財収蔵庫/民具の蔵/美術展覧会場