四季折々

 
四季折々の写真
 

早朝の鶴岡公園を散歩していると、すれちがった人々がやさしい笑顔で「おはようございます」と声をかけていきます。お天気のいい日にはハトにえさをあげる親子連れや、四阿(あずまや)で水鳥をながめる老夫婦の姿があります。市民の憩いの場・鶴岡公園には、四季それぞれの表情があります。

 
春告げ梅の写真   大宝館と桜の写真
 
鶴岡公園の花ごよみ

大宝館の前にある紅梅は、鶴岡で一番早く咲く梅といわれ「春告げ梅」とよばれています。2月下旬、この梅が咲きはじめると少しずつ鶴岡公園にも花の季節がやってきます。

まず梅が咲き、おいかけるように県内随一といわれる桜が4月中旬に見ごろを迎えます。園内にはソメイヨシノ約500本、八重桜、しだれ桜、江戸桜などあわせて730本の桜が植えられています。桜とともに、お堀に沿うように咲く黄色のレンギョウやツツジの生け垣が彩りを加え、花見客の目を楽しませてくれます。

桜まつり   あやめ園の写真

また、5月から11月まで色とりどりの花を咲かせます。5月になると藤の花が可憐な姿をみせ、あずまやのある外濠のあたりのあやめ園では、5月にあやめ、6月には花菖蒲が見ごろとなり、水面に紫や白、紫紺の姿を写し出す様子がたいへん優雅です。

 
 
小耳に鶴岡

松の腹巻き

10月下旬、松の幹にむしろを巻いて冬を越し、翌年3月上旬、啓蟄(けいちつ)の頃に、そのむしろをはずして、害虫ともども燃やしてしまうという虫の越冬の性質を利用した昔からある害虫の駆除方法。園内には赤松・黒松・五葉松、計52本の松があり、市の職員が1本1本大切に世話をしています。

松の腹巻きの写真
 
鶴岡公園の四季の写真
 
鶴岡公園の概要荘内神社鶴ヶ岡城の面影石碑めぐり疎林広場少し足をのばして