~鶴岡雛物語~ つるおかひなものがたり

山形県鶴岡市は、徳川四天王の筆頭 酒井公が統治した城下町。
江戸時代、参勤交代で江戸から、西廻り航路によって京の都から運ばれた雛人形や雛道具が、幾度かの時代の大きな移り変わりの中、庄内藩主酒井家をはじめ旧家によって代々大切に受け継がれてきました。
享保雛、有職雛、古今雛、芥子雛など、日本を代表する雛人形研究家をも虜にした秘蔵の雛たちが奏でる雅の世界をご堪能ください。
令和4年度に迎える酒井家入部400年を記念して、今年から・・・
『鶴岡姫様!プロジェクト』を開催!
鶴岡市でお姫様扱いされてみませんか!?
※最後まで読むとお得な情報もあるよ!

スポット情報