本田のケヤキ ほんでんのけやき

江戸時代より神木として尊ばれてきた巨樹。
根周り6.4メートル、目通り幹囲5.7メートル、樹高20メートル。
その樹形は、冠状をなして四方に広がりまことに珍しく貴重な木とされ、昭和45年に市指定天然記念物に指定されました。

スポット情報