荘内神社宝物殿/古典雛展

 
鶴ヶ岡城址に鎮座する荘内神社。鶴岡市内旧家に伝わる江戸時代から昭和初期までの享保雛や古今雛など数百体のお雛様と雛道具を展示。鶴岡ならではの「ちょんびなさま」をあしらった城下町の雅な雛祭りを再現した豪華な8段飾りが圧巻。神職・巫女のわかりやすい解説と温かい甘酒の接待が好評。地元の雛菓子や雛グッズの販売も。「宝物殿」は平成9年に御鎮座120年を記念して開館。ひな展は、昭和62年から開催している。
 
展示概要
項目 内容
[日時] 平成30年2月24日(土)~3月25日(日)午前9時30分 ~ 午後4時30分 ※期間中無休
[料金] 大人300円 中高生200円 小学生100円 ※15名以上団体 50円引
[場所] 山形県鶴岡市馬場町4-1 電話 0235-22-8100
[交通] JR鶴岡駅より湯野浜温泉方面行きバス10分、市役所前下車徒歩2分
山形道鶴岡ICより車10分 ※駐車場有り
[URL] http://jinjahan.com/
 
鶴岡公園周辺の地図
荘内神社
つるおか映画ロケ地ガイド
宝物殿の外観写真
 

※荘内神社は、映画「武士の一分」鶴岡特別試写会が開催された折り、舞台挨拶に先立ち、山田洋次監督、主演の木村拓哉さん、壇れいさんが映画のヒット祈願をした神社として、名物の芋煮を食べる様子と共に全国から注目を浴びた神社です。