映画「蝉しぐれ」あらすじ

文四郎(市川染五郎さん)の写真

東北の小藩・海坂藩の自然のなかで雄々しく、そして屈託ない少年時代を過ごしていた牧文四郎に突然の不幸が訪れる。敬愛する父・助左衛門が藩内の勢力争いに巻き込まれ、反逆の罪で切腹を命じられたのだ。

汚名を背負った武士の子を待ち受ける運命は、苛烈極まりない。わずか十五にして、文四郎は様々な苦難に直面することとなる。しかし、文四郎はくじけない。

そんな文四郎を暖かく見つめる目がある。同じ普請組の子として生まれ、隣同士で幼馴染として育ったおふくである。しかし、ふたりはお互いの淡い思いをこころの奥にしまい、表すことはない。

おふく(木村佳乃さん)の写真

そんな二人を運命はさらに翻弄していく。おふくが江戸屋敷の奥に上がることになったのだ。抗えない定め。二人の恋は切なく終わりを迎える。

やがて文四郎の境遇にも大きな転機が訪れる。家老里中の命により、旧禄に復されることになったのだ。しかしその里中は、父を死に追いやった張本人であった。複雑なお家の事情に巻き込まれて行く文四郎。さらに文四郎のもとに、驚くべき報がもたらせれる。おふくが殿の寵愛を受け、御子を身ごもったというのだ。

この御子をめぐるお家騒動が、やがてふたりを再びひき合せることになることを、文四郎は知る由もなかった・・・