加藤家ゆかりの地

丸岡地区にある天澤寺・丸岡城跡は、戦国時代の勇将・加藤清正公・忠廣公ゆかりの地として知られています。

加藤清正公 加藤清正 (かとう きよまさ・1562~1611)
肥後守熊本54万石の大名 清正公は、知・仁・勇の三徳兼備の名将として知られ、江戸時代の儒学者頼山陽をして「勇猛は夜叉の如く、慈悲は菩薩の如し」と絶賛させています。文禄、慶長の役の軍陣に臨んでは、鬼上官の雷鳴を鶏林八道に轟かせ、虎退治の有名をはせました。また、大阪城・名古屋城・熊本城の日本三大名城を築城し、清正石垣と呼ばれる構築法は、天守閣のみならず治水・干拓・開墾事業にいかされ、400年の星霜にも微動だにしない技術を示し残しました。今日、武運長久・商売繁盛・治水土木の神様と信仰される由縁です。
 

 

なぜ丸岡へ

丸岡城址のお堀の写真

清正公亡き後、嫡子・忠廣公は、徳川幕府からいわれなき罪をかぶせられ、江戸から直ちに出羽国庄内の丸岡に配流になりました。 丸岡の地は、400数十年の間、鎌倉武士の流れをくむ武藤家の支城として栄えていましたが、徳川時代になると天領となりました。加藤家の改易に際しては、藩主忠廣公は生母・正応院、それにわずかの家士達と堪忍分1万石を与えられたのみで、それから20有余年、南国熊本を遠く離れたこの地で、わびしい生活を送り、生涯を閉じました。

尊骨が熊本から庄内丸岡へ?

清正閣の写真

忠廣公が配流となった際、忠廣母子は、父君 清正公の尊骨を熊本から庄内丸岡に保持し、菩提を弔って、身をもって保護し奉ったと言われています。

巫女石と太夫石の写真

遺骨の移動が公儀に知れ、詮議されたときのために2段構えの方策が取られ、公の墓所を清正閣とし、実際には忠廣館の奥庭に埋葬して大磐石をおいて隠匿したとされ、地元の人々はこの大磐石を太夫石、寄り添う石を巫女石(正応院を埋葬した場所と言われる)と呼んでいます。 

配所での平和な生活が12年流れた天保3年(1646年)に丸岡大火がおこり、忠廣館も天澤寺も全焼しました。この後、忠廣公は復興が進まない荒涼とした館跡を見て、清正公尊骨を天澤寺世代墓地に移し、ほとぼりがさめるのを待って五輪塔を建立し、供養したと伝えられています。

遺跡を発掘調査

総覆輪三十二間筋兜の写真

昭和24年9月に遺跡の発掘調査が行われ、清正閣地下から鎧1領*が出土しました。

遺骨壺の写真

同年12月には五輪塔も発掘され、地下から1個の蓋なし壺が発見され、人骨と思われるものが付着していました。五輪塔地輪左側には「正保4年12月3日、清地院居士敬白」の刻字が石刷で明らかにされ、後日鑑定された壺は、九州肥前弓野焼の壺と判明しています。
 

その後、現在まで、熊本からも多くの人たちが天澤寺を訪れ、五輪塔に手を合わせています。

 

* …桃山時代の最上胴丸と呼ばれる素懸威黒塗横矧五枚胴具足で、丸岡小林庄兵衛家所蔵の清正公兜と伝えられる総覆輪三十二間筋兜一対と鑑定された。

加藤清正公墓碑は、丸岡の人々から「清正公様(セイショウコウサマ)」の愛称で呼ばれ、毎年7月下旬には、「清正公祭」が行われます。

丸岡城は、鎌倉時代から天正年間まで、当地方を治めた武藤氏の時代、大梵字(鶴岡)の南方、六十里越口と大鳥越口のおさえの要地として、後に武藤家尾浦城主となった丸岡兵庫頭義興が在城しました。武藤家のあと上杉氏、さらに最上氏が領有しましたが、元和元年(1615年)の一国一城令により城の楼閣は取り払われました。最上氏改易の後、元和8年(1622年)に酒井氏領となりました。

寛永9年(1633年)、加藤清正公の嫡子・肥後五十四万石の領主加藤忠廣公が幕府に領地を没収され、庄内藩酒井氏に預けられました。酒井氏は、この城跡に忠廣公と生母正応院様の居館、女中の長つぼね、家臣の長屋などを新築しました。この館が丸岡大火によって消失したため、忠廣公が京都にあった館を移築し、承応2年(1653年)忠廣公逝去まで居住しました。忠廣公没後、領地は幕府御領となりました。

天澤寺の南側に外堀を挟んで県指定史跡「丸岡城跡」があります。史跡公園として整備され、城跡の広さは約2ヘクタールで、発掘された建物基礎石遺構や庭園池の復元、石敷き道路、水路跡などを露出展示し往時の丸岡城を偲ばせています。
地元観光ガイドによる案内も実施しております。(要予約)

丸岡城跡は、昭和24年の発掘調査によって推断された天澤寺の「加藤清正墓碑」とともに、昭和38年に山形県指定史跡となりました。

糸塚の写真  
籟綴錦織曼陀羅糸塚 (きょらいつづれにしきおりまんだらいとづか)
 
遠藤虚籟(本名順治1890-1963)は、わが国綴錦織工芸界を代表する世界的巨匠で、ニューヨーク国連本部の「阿弥陀如来曼陀羅中尊」は、余りにも有名です。
戦中、疎開のため古里 鶴岡市に帰郷の折り、丸岡の天澤寺仮寓、制作に励みました。糸塚は、その際の端糸、屑糸となった糸を埋葬、師の世界平和、万霊供養の願いを顕彰するため建立されたものです。

天澤寺・丸岡城跡案内図
 

 
お問い合わせ
●加藤清正公・忠廣公遺蹟顕彰会(櫛引公民館内)
  山形県鶴岡市上山添字文栄90  電話 0235-57-2111(代表) 0235-57-5670(直通)
●天澤寺
  山形県鶴岡市丸岡字町の内36   電話 0235-57-2252