月山・湯殿山

●月山

出羽三山の主峰月山は標高1984mで、県のほぼ真ん中にそびえ立っています。
磐梯朝日国立公園の北域にあたり、ブナの原生林や珍しい動植物など美しい大自然が残っています。

●月山登山

■弥陀ケ原湿原コース

●距離/2~3km ●所要時間/1~2時間
湿原には木道があり、湿原を一周できるように整備されています。

[湿性植物お花園]

7月初旬、ようやく弥陀ケ原にも緑がもどります。ミズバショウやショウジョウバカマ、エゾイチゲなどが初夏の香りを運んできます。夏の日差しに白い帽子を揺らすワタスゲ、草むらに彩りを添えるトキソウ、サワラン、草原を賑わすニッコウキスゲが一面を黄金色のジュウタンに替えます。にぎやかだった夏の草原は、少しずつ夕日の色に染まりながら冬を迎えます。

[弥陀ケ原の名前の由来]

『いろは48沼』と呼ばれる、たくさんの池塘にイネのように立って見えるのは、ワタスゲやミヤマホタルイです。弥陀ケ原が別名『御田原』とも言われるのは、これらの池塘が一面の田んぼのように見えるからなのです。
(情報:月山ビジターセンター 電話 O235-62-4321)

[月山高原ライン月山公園線情報]

7月中旬~8月上旬の週末は、渋滞の時あり。

[休憩・宿泊の問い合わせ]

休憩・宿泊の問い合わせ
月山・御田原参籠所(8合目)  電話 090-2367-9037
仏生池小屋(9合目) 電話 090-8783-9555
月山頂上小屋(頂上) 電話 090-8781-7731

■弥陀ケ原湿原花畑マップ

弥陀ケ原湿原花畑マップ 

■弥陀ケ原湿原花暦

月山の周辺には、そのエリアによっていろいろな高山植物が咲き、6月~8月に最盛期を迎えます。

弥陀ケ原湿原花暦
花の名前 花の見ごろ
アオモリトドマツ
イワイチョウ
イワカガミ
ウズラパハクサンチドリ
ウラジロヨウラク
オゼコウホネ
キンコウカ
コパイケイソウ
サワラン
チングルマ
トキソウ
ニッコウキスゲ
ハクサンチドリ
ヒナザクラ
ミヤマヒナホシグサ
モウセンゴケ
ヨツバシオガマ
ワタスゲ
年中
7月上旬
6月中旬~8月
7月上旬
7月上旬
7月中旬~下旬
7月上旬~下旬
7月~8月
7月上旬~8月中旬
7月上旬
6月下旬~8月
7月上旬~8月
7月上旬~8月
7月上旬~8月
7月上旬~8月中旬
6月下旬~8月
7月~8月
6月(花)・7月上旬(果穂)
ニッコウキスゲの写真
ニッコウキスゲ
 
ハクサンチドリの写真
ハクサンチドリ
 

●湯殿山/湯殿山神社

「語るなかれ」「聞くなかれ」修験道の霊地・湯殿山は、標高1504m、月山南西山腹に連なる なだらかな稜線の山。出羽三山の奥宮とされる湯殿山神社本宮は、写真撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られる神社。温泉の湧き出る巨岩が御神体で、多くの参拝客で賑わいます。