かおり風景100選

羽黒町の「羽黒山南谷の蘚苔と杉並木」が、環境省の「かおり風景100選」に認定されました。

「かおり風景100選」とは、豊かなかおりとその源となる自然や文化・生活を一体として将来に残し、伝えていこうという取組みを支援する一環として環境省が実施した事業で、全国各地から応募のあった約600地点の中から選ばれたものです。

◇かおり風景100選のホームページ(環境省)
>> http://www.env.go.jp/air/kaori/index.htm

南谷の写真

香りの源は、杉、蘚苔、残雪、風

ジオラマの写真
羽黒山参道は2446段の石段からなり、両側には樹齢300~600年の老杉(国天然記念物)が鬱蒼と繁り、月山の残雪、霊山の空気が独特の雰囲気を感じさせます。杉の香りは、ストレスを和らげ、心身をリフレッシュさせてくれるといいます。 途中「三の坂」を折れ、500mほどの所には、俳聖・松尾芭蕉が逗留した「南谷別院跡」があります。当時の建物はすでにありませんが、静寂のなか、苔むした礎石に当時の面影が偲ばれます。この「南谷別院」を再現したジオラマが、いでは文化記念館に展示されています。