月山ワイン

(がっさんわいん)
 
区切り

特産の山ブドウの豊かな香りが秀逸。
全国でも珍しいオリジナルワイン。

鶴岡市朝日地域(旧朝日村)は、月山を主峰にする出羽三山、朝日連峰に囲まれた山の幸に恵まれた山村地帯です。地元の人々や修験者は、ワインという名が知られていないころから、この広い山林原野に自生する山ぶどうを用いて山ぶどう酒をつくり、愛飲してきました。
地元農協ではこの事実に着眼し、昭和47年から、自生する日本山ぶどうを使った本格ワインの研究開発を進め、昭和54年に果実酒製造免許を取得。「月山ワイン」と命名し製造を始めました。

 

項目 内容
問い合わせ: 山ぶどう研究所
電話: 0235-53-2789
公式サイト: 月山ワイン山ぶどう研究所
関連ページ: 月山ワインまつり月山ワイン新酒フェスティバル月山ワイン山ぶどう研究所月山あさひ博物村あさひの特産品
   
 山ぶどう
 
区切り
月山あさひ博物村内の「山ぶどう研究所」は、製造工程見学した後に、試飲が楽しめます。
「トンネルピット」奥では、ひんやりとした大きな天井まで積み上げられた、多数・多種のワインをのぞくこともできます。

「月山ワイン」をはじめとし、「山ぶどう原液」やジュース、シャーベット、ソフトクリームなど山里のぬくもりをさまざまな形で味わうことができます。朝日地域自慢の素朴な風味を、是非おみやげにどうぞ。
 
 
最終更新日 2014年 3月 17日