木野俣獅子踊

(きのまたししおどり)
地図を表示 
区切り

【5月5日】
熊野神社例祭に神事として演じられています。7人の踊り手が獅子頭をかぶり、胸につけた太鼓を自分で打ち鳴らしながら、ささらのリズムに合わせて、跳ねるように軽快に踊ります。始まりは、歌詞や踊りの形式からみて江戸時代初期とみられています。
市指定無形民俗文化財(昭和47年)

項目 内容
開催地: 鶴岡市木野俣
問い合わせ: 鶴岡市温海庁舎 産業建設課
電話: 0235-43-4617
FAX: 0235-43-4633
E-mail: norin-at@city.tsuruoka.yamagata.jp
交通: 山形自動車道「鶴岡IC」より国道345号経由車で40分→徒歩20分
日本海東北自動車道「あつみ温泉IC」より車で20分→徒歩20分
関連ページ: あつみ観光協会
周辺施設: 木野俣熊野神社の巨木群◎温海エリアの観光案内
写真
 
 
区切り
 
 
最終更新日 2017年 4月 1日