荒沢ダム

(あらさわだむ)
 
区切り

 荒沢ダムは、朝日連峰・以東岳にその源を発し、日本海に注ぐ一級河川・赤川の上流、鶴岡市荒沢に位置し、総貯水容量は、県管理の中で最大の規模をなします。その目的は、洪水調節及びかんがい用水、水力発電に貢献しています。                 
 ダム建設には6年の歳月をかけ、昭和30年12月に完成しました。このダムの建設により、荒沢集落42戸200余名の移転、水田、畑、山林等1.89平方キロメートルが水没しました。
 毎年5月末には、荒沢ダム貯水池の大鳥公園にて「タキタロウまつり」が開催され、大いに賑わっています。
 秋の湖水面に映る紅葉は見事です。(例年の見ごろ:10月中旬~11月初旬)

項目 内容
所在地: 鶴岡市荒沢地内 県道鶴岡村上線沿線
問い合わせ: 鶴岡市朝日庁舎 産業建設課
電話: 0235-53-2111
FAX: 0235-53-2119
交通: 鶴岡駅より大鳥行バス1時間5分
バス停「荒沢ダム口」下車徒歩約15分
公式サイト: 山形県ホームページ(荒沢ダム管理課)
周辺施設: タキタロウ館
荒沢ダム 
 
区切り
 
 
最終更新日 2013年 5月 28日