朝日連峰(以東岳・大鳥池)

(あさひれんぽう(いとうだけ・おおとりいけ))
地図を表示 
区切り

朝日連峰縦走路の起点、終点となる以東岳(標高1771.4m)は、朝日連峰北端に鎮座する雄峰で、大鳥池を眼下に大展望・カメラ必携の山。以東岳を南に、三角峰と化穴山を相対させ、それぞれが切り立つ三方の山々とブナの原生林に囲まれた山上の湖「大鳥池」は、“伝説の巨大魚「タキタロウ」”で人気があり、釣りの名所です。
大鳥池は湖面標高963m、湖面長径は南北1km、最大水深68mで日本では珍しい花崗岩地にある湖で、「タキタロウ」と呼ばれる巨大魚が棲息していると言い伝えられている神秘の池です。

項目 内容
問い合わせ: 旅館朝日屋または朝日庁舎産業課
電話: 旅館朝日屋 0235-55-2233 朝日庁舎産業課 0235-53-2111
FAX: 朝日庁舎産業課 0235-53-2119
E-mail: norin-as@city.tsuruoka.lg.jp
交通: JR鶴岡駅~泡滝ダム/バス・ハイヤー約2時間(期間運行)※車の場合は約1時間30分
駐車場: 朝日連峰登山口(大鳥口)泡滝ダム 20台
関連ページ: 旅館朝日屋(朝日屋公式サイトへ)登山情報(鶴岡市公式ホームページへ)
周辺施設: 大鳥池
朝日連峰 朝日連峰から望む大鳥池
 
区切り
●期間 6月下旬~10月中旬
●小屋 
 [大鳥池小屋]
  100名 水場有、寝具・燃料無
 [以東小屋]:使用不可(解体しますので平成27年9月24日以降完全に使用できません)

●登山ハイヤー問い合わせ先:落合ハイヤー(0235-53-2121)

◎以東岳
朝日連峰中の高峰、高山植物多種あり、遠近の諸峰、日本海、庄内平野を望み、眼下に大鳥池を見下ろす。
朝日連峰縦走路の起点として、または終点として多くのアルピニストにその名を知られている以東岳。決して高くはない山でありながら著名であるのは、ひとえにその質量感にあると言っていい。標高963m(湖面標高)には、「タキタロウ」と呼ばれる幻の巨大魚が神秘の湖に住んでいる。ヒメサユリやヒナウスユキソウ、ニッコウキスゲ、マツムシソウの花を眺め、オツボ峰から先の尾根は次第に狭くなり、いくつかの小ピークを乗り越えて以東岳山頂となる。主峰大朝日岳に劣らぬ大展望を得、足下には静かに空を映す大鳥池がたたずんでいる。
 
最終更新日 2015年 9月 25日