黒川・蝋燭能

(くろかわ・ろうそくのう)
 
区切り

(櫛引地域)【2月第4土曜日】
春日神社内の能舞台で蝋燭の灯りが揺らめく中、幽玄の能が舞われます。第2部の交流会は、凍み豆腐煮などの郷土料理や樽酒を囲みながら、お客様と能役者や地元ボランティアスタッフとの交流で盛り上がります。

項目 内容
開催地: 春日神社 他
鶴岡市黒川字宮の下253
問い合わせ: 黒川能の里 王祇会館
電話: 0235-57-5310
FAX: 0235-57-5311
E-mail: kurokawa-nou@athena.ocn.ne.jp
交通: ・JR鶴岡駅より車で約20分
・日本海東北自動車道 鶴岡西ICから車で山形市方面に約25分
・山形自動車道 鶴岡ICから車で山形市方面に約20分
・山形自動車道 庄内あさひICから車で鶴岡方面に約20分
駐車場: 有(約80台)
関連ページ: 黒川能黒川能の里 王祇会館公益財団法人 黒川能保存会
能「井筒」
 
交流会
 
区切り
500年以上櫛引・黒川地区に伝わる国指定重要無形民俗文化財「黒川能」。その歴史のほとんどは炎の明かりによって写しだされてきました。「蝋燭能」はその原点にもどり、蝋燭の明かりだけで能を演じようという試みから始まりました。現在も「黒川能は黒川で」を合言葉に氏子の中堅、若手が中心となって実行委員会を組織し、地元黒川の手作りイベントとしてすっかり定着しています。
柔らかく揺らめく蝋燭の炎に映しだされる舞は、500年前に先人が観たであろう光景と変わらぬ姿を私たちに見せてくれます。
第2部の交流会は、凍み豆腐など郷土料理や樽酒を囲みながら、お客様と能役者や実行委員との交流で盛り上がります。
◎第1部 能2番、狂言1番(蝋燭の灯りのもとで演能)
◎第2部 交流会(能役者との交流会)


---第23回 開催要項---
日時 平成28年2月27日(土)午前11時45分開場
会場 春日神社・黒川能の里「王祇会館」・黒川能伝習館

◎第一部 蝋燭能(正午 開演~午後3時50分閉演)
 会場/春日神社
 演目/能二番・狂言一番
     下座 能 「小袖曽我」
     下座 狂言「禰宜山伏」
     上座 能 「獅子」
 会費/S席 7,000円、A席 5,500円、B席 4,500円
 定員/先着220名

◎第二部 交流会(午後4時30分 開宴)
 会場/黒川能の里 王祇会館
 内容/郷土料理を囲んで懇親会
 会費/3,000円
 定員/先着110名

※第一部、二部ともに定員になり次第締め切らせていただきます。

○申込み方法
 申込書を郵送又はFAXでお申し込みください。電話での申し込みもお受けします。
 
最終更新日 2015年 12月 25日