長山邸跡

(ながやまていあと)
地図を表示 
区切り

元禄2年(1689)6月10日(陽暦7月26日)、俳聖松尾芭蕉は羽黒山を下って、鶴岡城下に住む庄内藩士 長山五郎右衛門重行の屋敷に入りました。芭蕉翁は出羽三山参拝の疲れかすぐに休息しましたが、夜になって曽良・重行・呂丸と歌仙をまいたといいます。「めづらしや山をいで羽の初茄子」は、そのときの翁の発句で、食膳に供された鶴岡の名産「民田なす」が目にとまったものと言われています。
長山重行は、呂丸や岸本公羽と共に蕉門の偉人として、鶴岡俳壇に重きをなした人物で、元禄13年に外に屋敷替えになりますが、屋敷跡が残る山王町のこの界隈は、今も長山小路と呼ばれています。

項目 内容
所在地: 鶴岡市山王町
問い合わせ: 鶴岡市観光物産課
電話: 0235-25-2111
関連ページ: 民田なす
周辺施設: 奥の細道 内川乗船地跡山王日枝神社絵ろうそく絵付け体験
 
 
区切り
 
 
最終更新日 2013年 3月 18日