鶴岡カトリック教会 天主堂

(つるおかかとりっくきょうかい てんしゅどう)
もっと詳しく 地図を表示 
区切り

赤い塔屋がひときわ目を引く白亜の殿堂で、明治36年に建てられたものでロマネスク様式教会建築の傑作として国の重要文化財に指定。ステンドグラスとは異なる独自の技法でつくられた「窓絵」や世界的にも珍しい「黒い聖母マリア像」は、国内ではこの教会でしかみられない。

 

項目 内容
所在地: 鶴岡市馬場町7-19
問い合わせ: 鶴岡カトリック教会
電話: 0235-22-0292
交通: 鶴岡駅から湯野浜温泉方面バス10分。
市役所前下車徒歩5分
駐車場: 有り
時間: (4月~9月) 午前8時~午後6時
(10月~3月)午前8時~午後5時
休み: 毎週日曜日はミサのため、午前中に見学できない時間帯があります。
料金: 無料
公式サイト: 鶴岡カトリック教会
関連ページ: 明治・大正の白亜の洋館めぐり
周辺施設: 鶴岡公園旧風間家住宅「丙申堂」風間家旧別邸「無量光苑 釈迦堂」ステンドグラス製作体験

黒い聖母マリア像と窓絵の写真
 
区切り
フランス人ダリベル神父の全財産と寄付により明治36年(1903)、庄内藩家老屋敷跡に建設。バジリカ型三廊式とよばれる造りで、設計は佐渡の両津教会や京都の旧聖ザビエル教会(現在は明治村に移築)など日本の教会堂を数多く手がけたパピノ神父によるもの。赤い塔屋の高さは23.7メートル。
 
最終更新日 2013年 3月 18日