庄内柿 おいしくて不思議な柿の話

庄内柿は、平べったい角型で種がない柿。鶴岡の秋を代表する果実です。果肉が緻密に引き締まり、みずみずしい歯ざわりが楽しめます。糖度も高く、上品な甘さが嬉しい逸品です。(時期/10月)

■ 庄内柿と酒井調良

 

秋になると鶴岡のあちらこちらの家で色付き始める柿の実。あまーくて、やわらかーくて、滋養たーっぷりで、子供からお年寄りまでみんなが大好きな『庄内柿』。

この『庄内柿』は明治18年、偶然に紛れ込んだ1本の柿の木から始まりました。
そして、この種のない不思議な柿の木の将来性を感じ取った酒井調良が苗木を育成し普及に励んだことが、今日の庄内の秋を代表する果物『庄内柿』を生み出したのです。

高く澄んだ青い空を緩やかに流れる白い雲が、紅葉に色付き始めた金峰を見下ろす鶴岡の10月。山から吹いてくる風が涼しげに感じるころに『庄内柿』の収穫は始まります。
紅く熟した果実と緑色の葉っぱが果樹園を彩る風景は、これが庄内の秋だと言っても過言ではないでしょう。

岡やんと天狗のイラスト

庄内を代表する秋の果実『庄内柿』は、果実が甘く、舌で溶けるほどやわらかく、種がないのが特徴です。正式には『平核無柿(ひらたねなしかき 平らで種の無い柿、核とは種のこと)』と言います。

『平核無柿』は『渋柿』の王様と呼ばれ、数多くある品種の中で第3位(平成18年産、農林水産省調べ)の生産量を誇っているほど人気がある品種です。ちなみに第2位は平核無柿の変異種『刀根早生』です。

この『平核無柿(庄内柿)』は庄内のある篤農家によって栽培方法などが開発され、新潟の『八珍』や佐渡の『おけさ柿』などに名前を変えて全国へと広まっていきました。

では、その『庄内柿』はどのようにして生まれたのでしょうか。

 
 

■ 種のない不思議な柿の木

鳥居町にある庄内柿の原木

明治18年、鳥居町に住む鈴木重光は越後からきた行商人から何本かの柿の苗木を購入し、それを自宅の畑に植えました。
『桃栗三年 柿八年』の言葉どおり、明治25年には植えた柿の木に初めて実がなりました。

ところが、そのなかに一本だけ、ほかのものとは形の違う実がなる柿の木がありました。その木からなった果実は形が偏平で、しかも種のないものでした。
「果たしてこの柿の実はどういうものだろうか」
鈴木重光はこの不思議な柿のことを、親しかった酒井調良に相談しました。
当時、多くの果物の栽培を試していた調良はこの種のない柿に着目、自分の果樹園で苗木の育成を始めました。

 

■ 時代の先を見つめた酒井調良

酒井調良は嘉永元年(1848)、庄内藩家老酒井了明(のりあき)の次男として、鶴岡市鷹匠町(現在の若葉町)で生まれました。兄は戊辰戦争で活躍し、敵に「鬼玄蕃」と恐れられた酒井了恒(のりつね)。弟は鶴岡の書道発展の基礎を築いた書家の黒崎研堂(くろさきけんどう)。

こうした家系に生まれ育った調良は、兄と同じように若いときは庄内藩に仕え、戊辰戦争にも参加しています。
戊辰戦争での庄内藩は新庄・秋田方面などでの戦いで不敗を誇ったものの、相次ぐ同盟藩の降伏などで次第に孤立し、最終的には降伏謝罪することになりました。そして時代の流れは庄内藩の武士たちに生き方の変化を求めました。

明治5年、25歳の調良は松ヶ岡開墾に参加します。これからの時代、養蚕・製糸業が新しく有望な産業になると考えていた調良は、開墾に汗を流し、屋敷内などに蚕のえさとなる桑を植えて養蚕に励みました。明治13年には私財を投じて製糸会社盛産社を興し、横浜から海外へ向けて生糸の輸出を始めました。その功績が認められ、明治21年には荘内蚕糸業組合長となりました。

調良はこうした活動とは別に果樹栽培にも目を向け、寒冷な気候でも適応できる果物としてリンゴを庄内地域で初めて栽培しました。また、砂丘地においてのウリ・スイカ・桃の栽培も追求し、庄内初の豚の飼育も試みました。

庄内柿の育成・普及に携わる前の調良は、武士の時代から新しい時代への移り変わりを敏感に感じ取って、様々な新しい挑戦を続けました。時代の先を見つめ、庄内での新しい産業の定着に努力を惜しみませんでした。こうした調良と不思議な柿の木の出会いはもしかしたら偶然ではなかったのかもしれません。

■ 「好菓園」を開き「調良柿」の普及に励む

酒井調良と柿の苗木の写真

種のない不思議な柿を見つけた調良は、明治26年、西田川郡黒森村(現在の酒田市)に果樹園を作り、その柿の苗木育成に挑戦します。その果樹園は、晩年の調良の号ともなる『好菓園』という名で呼ばれました。

調良はこの果樹園で接ぎ木を繰り返すことによって本数を増やし、明治30年ころには苗木の分譲ができるようになるまで栽培し続けました。この柿の木の将来性を信じていた調良は村内などでこの柿の木の優れているところを説いてまわりました。調良の熱意は遊佐や温海など庄内各地に広がり、この当時、この柿の木は『調良柿』と呼ばれていました。
次第に増えていく『調良柿』。しかし、この『調良柿』は一つの大きな問題を抱えていたのでした。

 

■ 渋柿をどう甘くするか 調良の焼ちゅうざわし

それは『調良柿』が渋柿だったということでした。
柿の木は大きく甘柿と渋柿に分けられます。『富有柿』に代表される甘柿は果実が熟せばそのまま食べられるのですが、庄内柿などの渋柿は渋抜きをしないとおいしく食べられません。その原因はタンニンという成分のためです。タンニンは舌の上で溶けると、ものすごく渋く感じます。渋抜きとはこのタンニンが溶けないように処理することなのです。

当時は湯ざわしという方法が一般的な渋の抜き方でした。しかし、この方法では完全に渋が抜けないことが多く、また日持ちという点でも問題があり、遠くへの出荷ができませんでした。

この難問を解くために、調良は大正の初めに原煕(はらひろし)農学博士の元を訪ねました。『調良柿』がすばらしい品種であると感じた原博士は、渋抜きの方法としてアルコールによる方法を調良に示唆しました。
この指導のもとに調良は研究に研究を重ね、ついに焼ちゅうによる渋抜き方法、焼ちゅうざわしを完成させました。現在でもよく利用されているこの渋抜きは調良が改良を重ね開発した方法なのです。

■ 北海道へ 東京へ 「平核無柿」の販路拡大

渋抜きの問題を解決した調良は、早速販路の拡大を目指します。
原博士に『平核無柿』という名をつけてもらい、まずは大正3年、札幌の知人に向けて柿を試験的に送りました。調良は柿の育たない北海道を出荷の主力に考えていたのでした。送った『平核無柿』は外観・味ともに大きな問題もなく届き、これ以降、北海道への柿の出荷は次第に増えていき、現在でも生産量の約6割が北海道に送られています。

調良は北海道への出荷に満足せず、東京への出荷の計画を立てます。大正11年と12年、同郷の仲間3人と上京して、三越デパートで『平核無柿』の販売しました。
どちらでも『平核無柿』は好評でした。特に東京では、それまでの市場で好評を得ていた『富有柿』よりも高値で販売されるほどでした。

■ 皇太子殿下に「庄内柿」を献上する

各地での好評に調良は自信を深め、さらに『平核無柿』の普及に励みました。大正11年には、調良の主唱による柿の栽培加工に関する講習会が開催され、庄内全域から約300人もの受講生が集まりました。
また、能筆家としても名を知られていた調良は、『平核無柿』を栽培し出荷した人の褒賞として自筆のびょうぶや額を与えるなどして、庄内一円にこの柿が広まるよう努力を惜しみませんでした。

こうした普及活動の最中の大正14年の秋、当時の皇太子殿下が庄内においでになることを知った調良は、山形県西田川郡袖浦村果実共同出荷組合の代表として柿二箱を献上しました。
このとき初めて『庄内柿』の名前が使われ、以後、『庄内柿』という商品名は全国的に知られるようになりました。

■ 受け継がれた意志 庄内を代表する果実へ

庄内柿の収穫風景の写真

その後も調良は白またひき・白足袋・白ふろしきといった格好で、町村役場や農会など至る所で『庄内柿』の優秀さを説いてまわりました。こうして庄内の名産物『庄内柿』の基礎を築き、調良は大正15年、79歳で亡くなりました。

調良の死後は長男駒太郎と、小さいころから調良の手助けをして養子となった守平はその意志を受け継ぎ、駒太郎が鶴岡の生家で、守平が好菓園でともに『庄内柿』の栽培・改良に努力を重ねました。

昭和の始めには、庄内の多くの農家が『庄内柿』の栽培をするようになり、『庄内柿』の市場はどんどんと活気あふれるものへと膨らんでいきました。 また、昭和7年から12年までの6年間に『庄内柿』の苗木の無料配布が行われました。これによって農地だけでなく、住宅地の多くでも『庄内柿』が見られるようになりました。

こうして親しまれてきた『庄内柿』は昭和56年に行われた市民アンケートで数多くの支持を得て、同年10月に旧鶴岡市の『市の木』となりました。
そして昭和40年代後半には山形県の柿の収穫量は全国第1位までになりました。(平成18年産は第8位、農林水産省調べ)
現在、県全体の柿の収穫量の81.3%は庄内地方で生産されています(平成17年産 山形農林水産統計年報より算出)。
多くの人たちの手を経て『庄内柿』は、調良が予見していたとおり、庄内を代表する産業となりました。

 

あの技術が既に昭和初期に使われていた?

炭酸ガスによる脱渋装置

現在の渋抜きはアルコールによる方法と炭酸ガスを使用する方法の二つがあります。昔ながらのアルコールによる方法に比べ、炭酸ガスによる脱渋は若干硬めに仕上がると言います。昭和40年ころに本格的に始まるのですが、これよりもかなり前に同じ装置を作った人たちがいるのです。

羽黒エリアにある松ヶ岡開墾記念館には、大きなふた付きのおけが展示されています(左の写真)。実はこのおけが当時の最先端の技術で作られた炭酸ガスによる渋抜き装置なのです。 おけを密閉してガスが漏れないようにするため、ふたとおけの間に綿糸のパッキングをする、蓋をボルトで締められるようにするなど様々な工夫を凝らして作られました。

これは酒井調良の長男駒太郎や養子守平が共同で開発したもので、二人は『庄内柿』を世界に向けて出荷しようと考え、長期間の輸送に耐えられるものを作り上げようとしていたのでした。 結局、この装置は普及しませんでしたが、調良の挑戦しつづける意思は息子たちにも引き継がれているようでした。

 
 
雪よけの頭きんをかぶった鶴岡公園の酒井調良像の写真

「だれもその理由は分からないんです」

鶴岡公園の荘内神社参道わきには調良の胸像があります。
その胸像は毎年冬になると雪よけの頭巾をかぶります。

公園の管理人が雪の降り具合を見て頭きんをかぶせていますが、胸像が調良没後50年の昭和51年に建立されて以来、だれが始めたのか、なぜこの調良の像だけ頭巾をかぶせるのか、分かる人はいないそうです。

紛れ込んだ1本の不思議な柿の木を、生涯をかけて栽培し普及に励んだ調良は、人々の敬愛を受け、今ゆっくりと雪の中でたたずんでいます。

 
 
参考文献/「鶴岡市史 下巻」、「鶴岡百年の人物 上」鶴岡百年の人物刊行会ほか
取材協力/大宝館、松ヶ岡開墾記念館